WEBサイトの脆弱性

WEBアプリケーションとはWEBサーバ上で動作するソフトウェアの事です。
例えば、多くの企業で利用されている、オンラインショッピングサイトやオンラインバンキングサイトなどです。
これらのサイトをWEBアプリケーションと呼びます。
今や、企業が自社サイトを持ち、会社の概要の他、サイト上での様々なサービス提供やシステムを利用して商品を購入するといった事は珍しい事ではありません。
お店に直接出向かなくても、必要な情報を得る事ができ、必要な商品を購入し、サービスを受ける事の出来るこれらのWEBアプリケーションは今や必須のツールです。
しかし、利便性があるというメリットの裏には、セキュリティの脆弱性という問題も潜んでいるのです。

脆弱性とは、脆く、攻撃に弱いという意味です。
例を挙げてみると、ハードウェアの欠陥やソフトウェアのバグの他に、オペレーションの想定外のトラブルなどが挙げられます。
このようなセキュリティ上の問題については、利用する側から防ぐ事が難しいです。
その為、ソフトウェアを提供する企業側が対策を取る必要があります。

WEBサイトの脆弱性対策として、一般的にはファイアウォールや様々なウィルス対策により行なわれてるという方法が多いです。
また、最近ではWAFと呼ばれるシステムも人気があります。
WAFは不正な攻撃からWEBアプリケーションを守る機能があります。
従来のウィルス対策のツールなどより、WAFは強い対策を行う事が可能なので、それらのシステムからWAFへ乗り換える企業も最近は増えています。

ページのトップへ戻る