WAFとは

WEBサイトの脆弱性を付いた攻撃というのは、企業にとって、今や全く他人ごとではありません。
WAFなどのツールは、それらの攻撃から、企業のWEBアプリケーションを利用する顧客ユーザーを守る為に利用されています。
WAFとは、 Web Application Firewallのアルファベットの頭文字を取ったものです。
日本語で発音する場合は、ワフと呼ばれています。

WAFは最近、多くの企業の導入例があります。
企業の機密情報を奪う事件やWEBページを勝手に改ざんしてしまうといった行為は、最近起きてきたものではなく、以前からあるものでした。
その為、WAFの他にも攻撃を防ぐ為のツールがありました。
しかし、攻撃する側も常に進化を続けており、従来のシステムではどうしても防ぎきる出来ない場合も多くなってきました。
情報というのは、今や企業の資産のひとつでもあります。
企業は膨大な量の個人情報を保持しています。
世の中には、これらの個人情報をお金で買う人や組織が存在します。
これらの個人情報を購入する個人や組織といったものは、この個人情報を利用して悪質な行為、犯罪行為を企てる事が多く、信頼して個人情報を預けてくれた顧客ユーザーに被害を及ぼす事になります。
このような事態を防ぐ為に、常に最新の防御対策を行う事は、今や企業の責務だと言えます。
セキュリティ対策は、常にその時代にあった対策が必要です。ネットを使って個人情報を盗み出し、また企業側のサイトに悪影響を起こすような悪質な技術もまた常に進化している為、一昔前の対策では既に遅いのです。

ページのトップへ戻る